市場ニュース

戻る
2016年11月07日10時01分

【市況】10時時点の日経平均は前日比176.97円高、日産自、デンソーが買い優勢

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時時点の日経平均は前日比176.97円高の17082.33円で推移している。朝方に「FBI長官がクリントン氏の訴追を求めず」と報じられたことから、ドル・円は104円台を回復。日経平均は円建てCME先物終値16855円を大幅に上回るスタートとなっている。ただ、新規の買い材料に乏しいことから、先物の買戻しが一巡すると日経平均は上げ幅を縮小。マザーズ指数はマイナス圏に突入するなどさえない展開となっている。

TOPIXコア30銘柄では、日産自<7201>、デンソー<6902>、ホンダ<7267>、三菱UFJ<8306>、野村<8604>が買われている。一方、ソニー<6758>、キヤノン<7751>、三菱商事<8058>、NTT<9432>、NTTドコモ<9437>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均