市場ニュース

戻る
2016年11月04日10時35分

【市況】10時30分時点の日経平均は前日比316.36円安、マザーズではブランジスタが急騰

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時30分時点の日経平均は前日比316.36円安の16818.32円で推移している。ここまでの高値は9時09分の16996.09円、安値は10時18分の16803.39円。先行き不透明感を示す日経VI(ボラティリティ・インデックス)は26p台まで急騰するなど、欧米同様、東京市場も先行き不透明感が高まりつつある。一方、マザーズ指数は前日比2.5%安と6月24日以来の水準まで下落。

全市場の売買代金上位銘柄では、トヨタ自<7203>、任天堂<7974>、三菱UFJ<8306>、ソフトバンクグ<9984>、ソニー<6758>、ホンダ<7267>、富士重<7270>、村田製<6981>がさえない。一方、マザーズ市場ではブランジスタ<6176>が急騰している。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均