市場ニュース

戻る
2016年11月04日10時06分

【経済】中国進出日本企業:昨年から増加、小売関連の伸びが目立つ


帝国データバンクが発表した最新リポートによると、中国に進出している日本企業の数は今年8月末時点で1万3934社となり、昨年6月から678社増加したという。うち製造業は5853社と全体の42%を占めている。卸業は4633社(全体の33.2%)、サービス業は1705社(全体の12.2%)だった。

昨年6月に比べると、全体に占める製造業と卸業の割合が低下しているものの、小売などサービス業のウエートが高くなっている。中でも小売関連の増加が目立っており、前回の調査から85社増の503社まで拡大している。

報告では、中国経済の成長ペースが鈍化しているほか、給与の2ケタ上昇などで人件費の増加が無視できないと指摘された。ただ、中国は製造拠点から消費市場に転換しており、日本企業にとって引き続き魅力的な市場だと分析された。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均