市場ニュース

戻る
2016年11月03日06時38分

【市況】NY金:大幅続伸で1308.20ドル、ドル安強まり1300ドル台を回復


NY金は大幅続伸(COMEX金12月限終値:1308.20↑20.20)。高値は2時20分の1309.10ドル、安値は22時00分の1298.00ドル。引続きトランプ・リスク回避の流れが、株式、為替市場を覆っており、安全資産の金に投資資金が向かった。また、為替市場で、ドルが主要通貨に対して弱含んだことも上げ要因に。


テクニカル面では、200日移動平均線(1277ドル水準)を上放れ、50日移動平均線が位置する1300ドル台を回復している。不透明感先行で投資資金が流入しやすくなっているが、心理的な節目回復で利益確定も入りやすい様子。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均