市場ニュース

戻る
2016年11月03日06時37分

【市況】NY原油:4日続落で45.34ドル、82年以降最大の在庫増加幅を嫌気


NY原油は4日続落(NYMEX原油12月限終値:45.34↓1.33)。高値は23時29分の46.45ドル、安値は0時05分の44.96ドル。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間の在庫統計で、10月28日時点の原油在庫が前週比+1442万バレルと市場予想(同+158万バレル)を大幅に超える内容となった。82年以降、過去最大の増加幅となったことから需給面が嫌気されて売り優勢の展開に。


日足チャートでは、100日移動平均線を割り込んでいる。石油輸出国機構(OPEC)による減産協議の進展に対する警戒感も先行しており、原油価格は、サプライズ減産発表前の水準まで下落。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均