市場ニュース

戻る
2016年11月01日19時09分

【為替】欧州為替:ポンドは下げ渋り、英中銀総裁の任期延長が引続き下支えに

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ポンド・円は128円半ばで下げ渋る展開となっている。18時半に発表された英10月製造業PMIは54.3と、予想の54.5をやや下振れたことでポンド売りが進んだ。ただ、英中銀のカーニー総裁の任期が2019年6月まで1年延長されたことによる安心感や、2-3日開催の英中銀金融政策委員会(MPC)での追加利下げ観測後退などが下支えとなっている。

ここまでのドル・円の取引レンジは104円92銭から105円12銭、ユーロ・円は115円26銭から115円50銭、ユーロ・ドルは1.0981ドルから1.1001ドルで推移している。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均