市場ニュース

戻る
2016年11月01日07時55分

【材料】電算システム---3Qは増収・2ケタ増益、高利益率の案件を獲得

電算システム <日足> 「株探」多機能チャートより

電算システム<3630>は28日、2016年12月期第3四半期(16年1月-16年9月)決算を発表。売上高が前年同期比4.7%増の221.61億円、営業利益が同10.7%増の7.37億円、経常利益が同12.4%増の7.66億円、四半期純利益が同24.4%増の5.13億円だった。

セグメント別では、情報サービス事業の売上高は前年同期比0.1%増の111.00億円だったが、SI・ソフト開発での利益率の高い案件の獲得などもあり、営業利益は同28.7%増の2.53億円だった。収納代行サービスの売上高は同9.2%増の110.60億円、営業利益は同28.7%増の2.53億円だった。地方自治体含む新規取引先獲得が順調推移、スーパーマーケットやドラッグストアチェーン店舗向けの収納窓口サービスの導入店舗数もほぼ計画通りに増加。

17年3月期通期については、売上高が前期比8.8%増の315.00億円、営業利益が同21.9%増の12.70億円、経常利益が同19.2%増の12.78億円、当期純利益が同22.7%増の8.10億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均