市場ニュース

戻る
2016年10月31日18時25分

【市況】明日の株式相場見通し=日経平均株価は頑強推移、マイナス材料にも抵抗示す

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより
 あす(1日)の東京株式市場は、日銀の金融政策決定会合の内容が明らかになるものの、市場参加者の多くは「現状維持」との見方を強めており、追加緩和期待が少ないことから相場への影響は軽微とみられる。ただ、引け後の黒田日銀総裁の会見には関心が集まりそうだ。週明け31日の東証1部の売買代金は2兆3298億円と2兆円を超えるなど市場エネルギーは盛り上がりをみせており、日経平均株価は頑強な推移で反発する可能性もある。

 市場関係者からは「米大統領選の行方を巡り、民主党のヒラリー・クリントン候補の私用メール問題を米連邦捜査局(FBI)が再捜査すると伝えられ、選挙の行方に不透明感が浮上。さらに、前週末に比べ円高・ドル安が進行したにも関わらず、後場に入って日経平均株価がじりじり下げ渋るなど総じて頑強な印象の相場となった」との見方が出ていた。

 31日の東京株式市場は利益確定売りに押されたが、下げ幅も限定的だった。海外投資家などの参戦も観測されるなかで、売買代金にも厚みが加わってきた。日経平均株価終値は、前週末比21円39銭安の1万7425円02銭と小幅反落した。

 日程面では、主に女性向けの衣料品および服飾雑貨の企画、および販売を行う製造小売業のバロックジャパンリミテッド<3548>が東証1部へ、造園緑化工事の設計・施工・メンテナンスなどを手掛ける岐阜造園<1438.M>が名証2部へそれぞれ新規上昇する。

 このほかに、黒田日銀総裁会見、10月の日銀展望リポート、10月の新車販売台数、10月の大手百貨店5社売上高速報に注目。海外では、米連邦公開市場委員会(FOMC・2日まで)、10月のISM製造業景況指数、中国10月のPMI製造業景況指数が焦点となる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均