市場ニュース

戻る
2016年10月31日14時00分

【材料】三菱UFJなどメガバンクは小動き、あすの日銀会合の結果は「現状維持」との見方

三菱UFJ <日足> 「株探」多機能チャートより
 三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>などメガバンクは小動き。三井住友フィナンシャルグループ<8316>やみずほフィナンシャルグループ<8411>も狭いレンジで値動きとなっている。

 きょうから日銀金融政策決定会合が開催されており、あす結果が発表される。これまで日銀会合の直前には、追加緩和への期待感から大手銀行株は激しい値動きとなったが、足もとでの株価は落ち着いた展開。前回9月の会合で「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」を決定。量から金利へ実質的なスキーム転換が図られており、今回は状況を確かめるうえでも「金融政策は現状維持」(市場関係者)が予想されている。また、日銀は従来のサプライズ路線とも一線を画したとみられていることから、銀行株への投機的な売買は影を潜めている様子だ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均