市場ニュース

戻る
2016年10月29日07時06分

【為替】NY為替:米Q3GDP予想上回るも大統領選が混迷、ドル高値から反落105.53円⇒104.47円

ドル円 <日足> 「株探」多機能チャートより

28日のニューヨーク外為市場でドル・円は、105円53銭へ上昇後、104円47銭へ反落し104円72銭で引けた。

米国の7-9月期国内総生産(GDP)速報値が予想を上回ったため年内の利上げ観測が強まりドル買いに拍車がかかった。その後、「米連邦捜査局(FBI)が大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏が国務長官時代に私的な電子メールを使っていた問題をめぐる調査を再開した」との報道を受けて米国大統領選が再び混迷しリスク回避の円買いが加速。

ユーロ・ドルは、1.0912ドルから1.0992ドルまで上昇1.0987ドルで引けた。独10月消費者物価指数速報値の上昇にユーロ買いが優勢となった。ユーロ・円は、115円33銭から114円78銭のレンジで上下に振れた。

ポンド・ドルは、1.2127ドルから1.2212ドルへ上昇。ドル・スイスは、0.9950フランから0.9858フランへ下落した。

《MT》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均