市場ニュース

戻る
2016年10月28日10時11分

【材料】タカラトミーが大幅反落、9月中間期業績の計画上振れを発表も利益確定売り優勢

タカラトミー <日足> 「株探」多機能チャートより
 タカラトミー<7867>が大幅反落。27日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(4~9月)連結業績について、営業利益が従来予想の10億円から25億円(前年同期比3.0倍)へ、純利益が2億円から5億円(同91.6%増)へ上振れたようだと発表したが、株価は前日に年初来高値を更新するなど直近で上昇基調にあり、目先の材料出尽くし感から利益確定売りが優勢となっているようだ。

 想定以上に為替が円高となったことで、売上高は従来予想の780億円から765億円(前年同期比1.7%減)へ下振れたが、利益率の高い国内の玩具ビジネスが好調なため営業利益は計画を上回ったとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均