市場ニュース

戻る
2016年10月27日18時11分

【市況】27日の香港市場概況:ハンセン0.8%安と3日続落、婦人靴の百麗が下げ止まらず


27日の香港市場は値下がり。主要50銘柄で構成されるハンセン指数が前日比193.08ポイント(0.83%)安の23132.35ポイント、本土企業株で構成されるH株指数が89.94ポイント(0.93%)安の9608.91ポイントとそろって3日続落した。売買代金は587億4400万香港ドル(26日は521億1300万香港ドル)。

複数の売り材料が投資家のセンチメントを冷やす。中国で短期金利が上昇基調にあることがマイナス。中国人民銀行(中央銀行)はリバースレポを通じ、連日で高水準の資金供給を実施しているが、上海銀行間取引金利(SHIBOR)は約2.25%で高止まりしたままだ。人民元相場の動向も気がかり。人民銀は朝方、人民元レートの対米ドル基準値を再び元安方向に設定した。上海外国為替市場でも元を売る動きがみられている(=元安・ドル高)。週末にかけて、銀行などの主要企業が集中して四半期業績を公表することも買い手控え要因となった。

ハンセン指数の構成銘柄では、婦人靴小売チェーン中国最大手の百麗国際HD(ベル・インターナショナル:1880/HK)に下げ止まりがみられない。16年8月中間期の2割減益が引き続き売り材料視され、3.3%安で引けた。決算発表以降の3日間で、累計15.6%下落している。石油関連株も下げた。中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が2.7%安、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が2.0%安、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が1.4%安とさえない。OPEC減産協議に対する不透明感が漂うなか、昨夜のWTI原油先物が続落したことを嫌気している(前日比1.6%安の49.18ドル)。時価総額上位の金融株や通信株なども売られた。

中国の自動車セクターも軒並み安。吉利汽車HD(175/HK)が5.5%、長城汽車(2333/HK)が4.3%、華晨中国汽車HD(ブリリアンス・チャイナ:1114/HK)が3.3%、東風汽車集団(489/HK)が1.9%、比亜迪(BYD:1211/HK)が1.5%ずつ下落した。


【亜州IR】

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均