市場ニュース

戻る
2016年10月27日13時20分

【材料】朝日ラバーが一時ストップ高、「プラズマ気流制御電極の技術開発が補助金採択」報道が刺激

朝日ラバー <日足> 「株探」多機能チャートより
 朝日ラバー<5162>が一時ストップ高まで買われた。27日付の化学工業日報が「朝日ラバーのプラズマ気流制御電極が、今年度の福島県産総研連携再生可能エネルギー等研究開発補助事業補助金の研究テーマに採択された」と報じたことが刺激となっているもよう。同社はこの内容について既に25日に発表しているが、改めて材料視されているようだ。

 採択されたのは、同社が産業技術総合研究所の福島再生可能エネルギー研究所から支援を得て技術開発を進めている「風車用プラズマ気流制御用電極の特性評価」事業。今後はこの特性評価の内容を検証するとともに、風車以外にも空気の流れの制御に関する市場調査と製品開発を進めていくとしている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均