市場ニュース

戻る
2016年10月27日12時17分

【材料】VOYAGEが13%安と急落、今9月期の連続2ケタ営業減益予想を嫌気

ボヤージュ <日足> 「株探」多機能チャートより
 VOYAGE GROUP<3688>が急落。株価は前場時点で前日に比べ13%安と東証1部で値下がり率トップとなっている。

 26日に発表した16年9月期の連結営業利益は前の期比23.1%減の17億2000万円となった。同社は広告配信プラットフォームの運営などを手掛けているが、M&Aなど積極的な投資に伴う負担増などが減益要因となった。17年9月期も先行投資負担で同営業利益は前期比30.3%減の12億円が予想されている。前今期と連続2ケタ営業減益が見込まれることなどが懸念材料視されているが、ドイツ証券は26日、同社株の投資評価の「バイ」と目標株価1700円を継続した。主力のアドプラットフォーム事業を中心に前期で最悪局面は脱したとみているほか、今9月期の減益ガイダンスに関しては「前向きな経営姿勢の結果」とし「過度に悲観する必要はないだろう」とみている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均