市場ニュース

戻る
2016年10月26日09時09分

【材料】キリンHDが反発、コカ・コーラとの資本・業務提携観測を材料視

キリンHD <日足> 「株探」多機能チャートより
 キリンホールディングス<2503>が反発。「コカ・コーラグループとキリンホールディングス(HD)は清涼飲料事業で資本業務提携する方針を固めた」と26日付の日本経済新聞などが大きく報じている。グループ同士で数%ずつ株式を持ち合い、物流と原料調達で連携する見通しが伝えられており、業容拡大に対する期待感が買いを引き寄せている。

 清涼飲料市場はここ伸び悩んでおり、一方でメーカー数が多いため価格競争が激化している。コカ・コーラグループは国内の業界首位でキリンHDは同4位に位置しており、両社は提携によるコスト削減効果で消耗戦からの離脱を図る方針が伝えられている。なお、コカ・コーライーストジャパン<2580>と、コカ・コーラウエスト<2579>も買いが先行している。また、キリンHD、コカ・コーラEJ、コカ・コーラウエストいずれも報道に対して「資本・業務提携に関する協議を続けていることは事実だが、現時点で決定した具体的な内容はない」とのコメントを出している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均