市場ニュース

戻る
2016年10月19日11時19分

【材料】エムスリーが安い、国内有力証券が投資判断を引き下げ

エムスリー <日足> 「株探」多機能チャートより
 エムスリー<2413>が安い。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が18日付で、投資判断を「オーバーウエート」から「ニュートラル」とし、目標株価を3940円から3640円へ引き下げたことが弱材料視されている。

 仏ビダル・グループの買収や製薬会社の販促予算圧縮などの影響を考慮し、17年3月期営業利益予想を255億円から250億円(会社予想230億円)へ、18年3月期を同325億円から310億円へ下方修正したことが目標株価引き下げの要因。また、直近の株価上昇に伴い、セクター内における今後の株価パフォーマンスが相対的に中位になると判断したという。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均