市場ニュース

戻る
2016年10月19日11時00分

【材料】ソフィアHDが一時10%高、子会社が国立精神・神経医療研究センターと共同研究を開始

ソフィア <日足> 「株探」多機能チャートより
 ソフィアホールディングス<6942>が大幅続伸し、一時、前日比16円(10.4%)高の170円まで買われている。午前10時30分ごろ、連結子会社ジーンクエストが、国立精神・神経医療研究センター疾病研究第三部部長・功刀浩博士と共同で、「食生活、睡眠、運動などの生活習慣が気分・心理学的特性に与える影響とその遺伝的基盤に関する研究」を開始したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 同研究は、食生活、睡眠、運動などの生活習慣と心理学的特性との相互作用が遺伝因子とどのような関係にあるのか解明するのが狙い。ジーンクエストが蓄積した大規模ゲノムデータと、生活習慣や心理学的特性に関するアンケート結果との関連を解析し、気分や性格、記憶力などとの関連を明らかにするとしており、抑うつ的になりやすい生活習慣や、性格特性や記憶力と関連する生活について明らかになることが期待されているという。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均