市場ニュース

戻る
2016年10月19日08時25分

【市況】こう着は想定内もシグナルは好転へ/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]
 18日のNY市場は上昇。アジア・欧州株が全面高となる中、主要企業の好決算を受けて買いが先行。原油相場の上昇も好材料視されている。一方、9月消費者物価指数や10月NAHB住宅市場指数が予想に一致する堅調な内容となり、これを受けて利上げ観測の拡大が上値を抑える格好となった。ダウ平均は75.54ドル高の18161.94、ナスダックは44.01ポイント高の5243.84。

 米株高や原油相場の上昇の流れを受けて、やや買い先行で始まろう。その後は中国の経済指標を睨みながらの展開になりそうだ。節目の17000円が心理的な上値抵抗として意識されやすいほか、米インテルの時間外の下落、米大統領選の候補者による第3回テレビ討論会も予定されており、17000円処での攻防になりそうだ。

 ボリンジャーバンドでは+1σを突破しており、+2σとのレンジに移行。MACDは若干ながらシグナルとの乖離が開いており、陽転シグナルが継続している。一目均衡表では転換線が支持線として意識され、雲上限の切り上がりに沿ったトレンドを形成。遅行スパンは実線の9月高値を通過しており、本日にも上方転換シグナルを発生させてくる確率が高まっている。ただし、週間形状では雲下限が17063円辺りに位置しており、これが上値抵抗として意識される。ボックスレンジを想定しつつ、まずは週足雲下限突破を見極めたいところ。

[予想レンジ]

 ボリンジャーバンドでは+1σを突破しており、+2σとのレンジに移行。MACDは若干ながらシグナルとの乖離が開いており、陽転シグナルが継続している。一目均衡表では転換線が支持線として意識され、雲上限の切り上がりに沿ったトレンドを形成。遅行スパンは実線の9月高値を通過しており、本日にも上方転換シグナルを発生させてくる確率が高まっている。ただし、週間形状では雲下限が17063円辺りに位置しており、これが上値抵抗として意識される。ボックスレンジを想定しつつ、まずは週足雲下限突破を見極めたいところ。上限 17050円-下限 16900円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均