市場ニュース

戻る
2016年10月18日18時25分

【テク】日経平均テクニカル:明後日にも上方シグナル発生の確率高まる


3営業日続伸。利食い先行で始まったが、5日線レベルでの底堅さが意識されるなか、引けにかけて上げ幅を拡大させている。ボリンジャーバンドでは+1σを突破しており、+2σとのレンジに移行。MACDは若干ながらシグナルとの乖離が開いており、陽転シグナルが継続している。一目均衡表では転換線が支持線として意識され、雲上限の切り上がりに沿ったトレンドを形成。遅行スパンは実線の9月高値を通過しており、明後日にも上方転換シグナルを発生させてくる確率がより高まっている。ただし、週間形状では雲下限が17063円辺りに位置しており、これが上値抵抗として意識される。ボックスレンジを想定しつつ、まずは週足雲下限突破を見極めたいところ。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均