市場ニュース

戻る
2016年10月18日12時22分

【市況】上値の重さよりも底堅さが意識されやすい/後場の投資戦略

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16,924.00 (+23.88)
TOPIX  : 1,352.64 (+0.08)

[後場の投資戦略]

 日経平均は底堅い値動きをみせている。足元のボックスレンジ内であり、ソフトバンクグのほかメガバンク3行や自動車株が弱含みとなり、方向感は掴みづらいものの中小型株がしっかり。指数インパクトの大きいファーストリテが下支えにもなっており、売り込みづらい状況であろう。

 また、円相場も1ドル103円80銭辺りでの横ばい推移と落ち着いており、後場もこう着とはいえ、上値の重さよりも底堅さが意識されやすい。物色の流れとしては決算など個別の材料のほか、AIやインバウンドなどのテーマ株での循環物色になりそうである。(村瀬智一)
《MA》

 提供:フィスコ

日経平均