市場ニュース

戻る
2016年10月18日09時30分

【市況】日経平均は37円安でスタート、米株安や原油相場の続落など嫌気、大東建託はしっかり/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16862.31 (-37.81)
TOPIX  : 1350.06 (-2.50)

[寄り付き概況]
 日経平均は反落で始まった。米株安のほか、円相場がやや円高に振れていること、原油相場が続落で節目の50ドルを下回っていることも利食いに向かわせる要因となった。寄付き直後には16895.05円と下げ幅を縮める場面もみられたが、再び下げ幅を広げる格好。セクターでは鉱業、海運、証券、保険、輸送用機器、銀行が冴えない。一方で、不動産、電力ガス、医薬品、水産農林、食料品が小じっかり。売買代金上位では、全般冴えないなかで任天堂<7974>、大東建託<1878>、ソニー<6758>、リクルート<6098>、ファーストリテ<9983>がしっかり。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均