市場ニュース

戻る
2016年09月16日17時29分

【材料】いちごホテルリート---第2期(16/7期)の決算を発表、第4期(17/7期)の運用状況、および分配金の予想を上方修正


いちごホテルリート<3463>は14日、第2期(2016年7月期)の決算を発表。変動賃料を導入しているホテルにおける平均客室単価の上昇により客室当たりの売上は前年同期比4.8%増の7,693円、NOIは営業収益の増加及び営業費用の削減により同9.0%増の6.99億円、1口当たり分配金は同15.1%増の2,825円だった。

合わせて2017年7月期の運用状況および分配金の予想の上方修正を発表。上場時取得資産9物件ならびに新規取得資産10物件の直近運営実績に基づき、営業収益で当初予想比4.5%増の16.38億円、当期純利益で同7.6%増の7.31億円、1口当たり分配金も同8.7%増の2,838円と当初予想を上回る見通しとしている。変動賃料を導入しているホテルにおける運営収益、市場動向を踏まえた変動賃料の増加により営業収益の増加を見込んでいる。

《HN》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】

日経平均