市場ニュース

戻る
2016年09月15日12時40分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】共産・志位氏 :領土問題の解決は、歴史的事実と国際法に基づく確かな足場が必要


共産・志位氏 は「プーチン大統領が来日というが、領土問題の解決は、歴史的事実と国際法に基づく確かな足場が必要。日露間の平和的な国境確定の最終のものは1875年の千島・樺太交換条約。この条約を土台に据え、北千島も含め日本の領土と主張すべき。経済協力や個人的信頼など何の役にもたたないことは証明ずみだ。」とツイート(09/14)

安倍首相とプーチン大統領は12月15日に山口県で会談する。11月のペルーでの国際会議時にも会談する予定となっている。安倍首相は「交渉を具体的に進める道筋が見えてきた。手応えを強く感じ取ることができた」との見方を示しているが、ロシアでは、北方4島の返還に反対の意見が多いようだ。

《MK》

 提供:フィスコ

日経平均