市場ニュース

戻る
2016年09月14日08時20分

【市況】中心値(25日)と-1σ辺りのレンジ取引に/日経225・本日の想定レンジ

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

[本日の想定レンジ]
 13日のNY市場は下落。国際エネルギー機関(IEA)が来年の石油需要見通しを引き下げたことを受けて、原油相場が下落し売りが先行。米国債利回りが上昇するなど追加利上げへの警戒感も強まっており、終日軟調推移となった。ダウ平均は258.32ドル安の18066.75、ナスダックは56.63ポイント安の5155.25。シカゴ日経225先物清算値は大阪比70円安の16530円。
 売り先行の展開になり、25日線や基準線などの上値抵抗が意識されやすくなろう。一方で、日銀のETF買入れが需給を下支えしており、ボリンジャーバンドの中心値(25日)と-1σ辺りのレンジ取引になりそうである。遅行スパンは上方シグナルが継続しているが、足元の水準でのこう着が継続すると、遅行スパンの下方転換シグナル発生が意識されてくる。一方で、25日線を割り込んではいるものの、下値切り上げのトレンドは継続している。前日の価格水準での踏ん張りをみせてくるようだと、自律反発も意識されてきやすい。16600-16800円のレンジを想定。


[予想レンジ]

上限 16800円-下限 16600円

《TM》

 提供:フィスコ

日経平均