市場ニュース

戻る
2016年09月13日18時35分

【テク】日経平均テクニカル:4営業日連続で陰線を形成


反発。自律反発の流れから買いが先行しているが、25日線が上値抵抗として意識されている。これにより4営業日連続で陰線を形成。一目均衡表では基準線レベルでの攻防だった。遅行スパンは上方シグナルが継続しているが、足元の水準でのこう着が継続すると、遅行スパンの下方転換シグナル発生が意識されてくる。一方で、25日線を割り込んではいるものの、下値切り上げのトレンドは継続している。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と-1σとのレンジを継続。MACDは陰転シグナルを発生させているが、直近のボトム水準まで下げてきており、自律反発のタイミングとして意識される。心理的には早期に25日線をクリアしておきたいところである。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均