市場ニュース

戻る
2016年09月13日09時23分

【材料】クロスプラスが反落、17年1月期最終利益予想を上方修正も利益確定売り

クロスプラス <日足> 「株探」多機能チャートより
 クロスプラス<3320>が反落。12日の取引終了後、17年1月期の連結業績予想について、最終利益を4億円から5億円(前期比22.9%減)へ上方修正したが、前日まで3日続伸したあとだけに利益確定売りが出ているようだ。

 専門店販売の減少を見込み、売上高は700億円から680億円(同6.8%減)へ下方修正したが、採算性の低い商品の見直しや仕入販売管理の強化を進め、在庫回転率が上昇したことで収益が改善。さらに、上期に投資有価証券売却益1億2800万円を計上したことも寄与した。なお、営業利益は5億円(同2.2倍)で従来予想を据え置いている。

 同時に発表した第2四半期累計(2~7月)決算は、売上高293億4800万円(前年同期比12.6%減)、営業損益2億200万円の赤字(前年同期5億3500万円の赤字)、最終損益2200万円の赤字(同9800万円の赤字)だった。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均