市場ニュース

戻る
2016年09月13日08時36分

【市況】13日の株式相場見通し=買い一巡後は上値の重い展開に

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより
 13日の東京株式市場は、前日の米株式市場でNYダウ平均株価が4日ぶりに大幅反発したものの、外国為替市場で円高・ドル安が進行していることから、買い一巡後は上値の重い展開となりそうだ。13日早朝の東京外国為替市場では、1ドル=101円80銭台と、前日に比べて円高・ドル安が進行している。

 12日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前週末比239.62ドル高の1万8325.07ドルと4日ぶりに大幅反発した。米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード理事が講演で、利上げに対し慎重な姿勢を示したことを受け、早期の利上げに対する市場関係者の警戒感が後退し買いが優勢となった。ナスダック総合株価指数は、前週末比85.980ポイント高の5211.888と3日ぶりに反発した。

 日程面では、7~9月期の法人企業景気予測調査、7月のマネタリーベースに注目。海外では、中国8月の鉱工業生産・小売売上高・都市部固定資産投資、米8月の財政収支が焦点になる。(冨田康夫)

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均