市場ニュース

戻る
2016年09月12日13時36分

【材料】ディーエヌエーがしっかり、住友商との合弁会社がサスメドと不眠治療用アプリ開発で提携

ディーエヌエ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ディー・エヌ・エー<2432>が軟地合いのなかしっかり。この日、同社と住友商事<8053>の合弁会社DeSCヘルスケアが、医療関連事業における開発や医療情報のサーチ・提供を行うサスメドと不眠治療用スマートフォンアプリの企画・開発について業務提携契約を締結したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 今回の提携は、非薬物療法である認知行動療法のアルゴリズムを使用したスマートフォンアプリの開発を行い、同アプリが不眠症を治療可能な医療機器として認可されることを目指して共同で取り組むというもの。神経研究所附属晴和病院など医療機関の協力を得て9月から臨床試験を開始する計画で、サスメドは主にアプリ全体の製品企画と医学的知見の活用を担い、DeSCヘルスケアはユーザーインターフェースおよびプログラムの開発を担当するという。

 なお、不眠症治療用スマートフォンアプリの臨床試験については、NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の起業家候補(スタートアップイノベーター)支援事業ともなっている。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

日経平均