市場ニュース

戻る
2016年09月12日13時32分

【特集】【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家キムさん:オークネット<3964>新規上場の承認取り消し!何が起こった?


以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家キムさん(ブログ「IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記」の著者)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2016年9月11日11時に執筆

オークネット<3964>の新規上場承認が取り消されました。
毎年、上場承認取消となる企業が1社程度はあるものです。
2015年にはネットマーケティングやリッチメディアなどが上場承認取消となっています。
取消の理由として考えられるのは、機関投資家への価格調査から企業側の想定している資金調達が上手くいかない事、もしくは企業の内部的な不祥事などが考えられます。

今回の承認取り消し理由は、公式サイトから、「最近の株式市場の動向等諸般の情勢を勘案し、中止する事を議決し、東京証券取引所への上場を延期する」とあります。
個人的な見解では、オークネット側が調達資金として予想していた額と機関投資家への価格調査(ロードショー)の際のずれが大きかったのではないかと推測しています。

※ロードショーとは、上場承認後に機関投資家向けに行う会社説明会の事。この説明会により公開時の公募や売出し価格の需給を探り、妥当な価格帯を算出する。

先日、オークネットはIPOで人気の高まりづらいMBO案件で、「よく考えてIPOの申込をした方がよい」と書きましたが、まさか上場承認取消になるとは思いもしませんでした。
仮条件が発表される前の段階で、ブックビルディングも行われておらず、IPO参加予定の方も特別な混乱は無かったと思われます。まれにブックビルディングが行われ、IPO当選後に承認取消があり、混乱する事があります。

また、オークネット上場承認取消により資金が向かうのはG-FACTORY<3474>になりそうです。オークネットと同日上場予定になり、公開株数や吸収金額も少ない案件です。ベンチャーキャピタル出資はありますが、ロックアップが付与されており株数も多くありません。
G-FACTORYの詳細はブログにて発信したいと思います。

----

執筆者名:キムさん
ブログ名:IPO初値予想ブログなら、キムさんのIPO投資日記

《HK》

 提供:フィスコ

日経平均