市場ニュース

戻る
2016年09月10日06時54分

【市況】NY原油:大幅反落で45.88ドル、米利上げ観測強まりドル買いに押される格好


NY原油は大幅反落(NYMEX原油10月限終値:45.88↓1.74)。じりじりと下げ幅を拡げる展開となった。ハト派とみられていたボストン連銀のローゼングレン総裁が、追加の利上げに前向きな姿勢を示したことで、9月の利上げ観測が急浮上。為替市場では、ドルが主要通貨に対して強含む格好となり原油価格を押し下げる格好となった。

また、米石油サービス会社ベーカー・ヒューズが午後八票した米原油の掘削設備(リグ)の稼動数が前週から増加したことも嫌気された。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均