市場ニュース

戻る
2016年09月09日10時01分

【材料】<注目銘柄>=日東精工、自動車向けロボットなど急拡大

日東精 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日東精工<5957>を、業績好調で割安の低位銘柄として見直したい。同社は6月中間決算発表前の8月2日に、16年12月期通期の連結業績見通しの上方修正を発表した。売上高を252億円から253億3000万円(前期比6.9%増)へ、営業利益を18億8000万円から24億3000万円(同35.5%増)へそれぞれ上方修正した。

 自動車関連業界向けに、ねじ締めロボット、単軸締付機、自動組立ラインなどが大きく伸長していることに加え、地盤調査機「ジオカルテ」が、国内の地盤調査需要の増加に伴い回復基調となっていることが寄与している。

 同社の株価は、通期業績の上方修正以降、順調に下値切り上げ型の上昇をみせている。ただ、PER9倍水準、PBR0.6倍台と依然として割安状態にあり、上値余地は十分といえそうだ。(朱)

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均