市場ニュース

戻る
2016年09月08日13時11分

【材料】ガンホーが反落、国内有力証券は「パズル&ドラゴン」は国内外ともに軟調とし業績予想を下方修正

ガンホー <日足> 「株探」多機能チャートより
 ガンホー・オンライン・エンターテイメント<3765>が反落。いちよし経済研究所が7日付で投資判断「B」を継続しつつ、目標株価を330円から270円へ引き下げたことが弱材料視されている。

 同研究所では、主力の「パズル&ドラゴンズ」(パズドラ)の国内売り上げランキングは低下傾向が続き、中国向け「パズドラ」も低迷していると指摘。これを受けて、16年12月期の営業利益を573億円から525億円へ、17年12月期を同481億円から398億円へ下方修正し、フェアバリューも引き下げたという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均