市場ニュース

戻る
2016年09月07日18時28分

【テク】日経平均テクニカル:ボリバンはバンドの切り上がりに沿ったトレンド


反落。ギャップ・ダウンから始まり、5日線を割り込んでの推移だったが、その後は下げ幅をじりじりと縮めてきており、終値では5日線回復。陽線形成となり、押し目買い意欲の強さが窺えた。五輪ジャーバンドでは+1σでの攻防だったが、これまで同様、+1σと+2σとのレンジでの推移に。-1σ、-2σは上昇に転じてきており、バンドの切り上がりに沿った強いトレンドが意識されてきそうだ。週足の一目均衡表では雲下限での攻防をみせており、支持線として意識されやすい。一方でMACDはやや下向きでの推移となり、シグナルとの乖離が縮小してきているため、いったん陰転シグナルが発生してくる可能性がありそう。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均