市場ニュース

戻る
2016年09月07日17時17分

【為替】外為サマリー:1ドル101円50銭台に下げ渋る、欧州時間に入りに押し目買いの動きも

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより
 7日の東京外国為替市場のドル円相場は、午後5時時点で1ドル=101円53銭前後と、前日午後5時時点に比べ1円80銭強の大幅なドル安・円高で推移している。

 欧州時間のドル円相場は、値ごろ感からの押し目買いなどで下げ渋る展開。欧州株式市場が堅調スタートとなっていることを手掛かりに、一部ではリスク選好的な動きも出ているようで、101円50銭台で底堅さをみせている。ただ、早期の米利上げ観測が後退していることから戻りは限定的となっている。

 ユーロは対円で1ユーロ=114円14銭前後と同1円20銭前後のユーロ安・円高。対ドルでは1ユーロ=1.1239ドル前後と同0.0080ドル前後のユーロ高・ドル安となっている。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均