市場ニュース

戻る
2016年09月07日15時43分

【市況】日経平均は3日ぶり反落、円高進行も日銀ETF買いへの思惑が支え/相場概況

日経平均 <日足> 「株探」多機能チャートより

日経平均は3日ぶり反落。6日に発表された8月ISM非製造業景況指数などの米経済指標の下振れを受けて、円相場が1ドル=101円台前半まで上昇し、日経平均は円高を嫌気して144円安からスタートした。寄り付き直後に一時16903.20円(前日比178.78円安)まで下落する場面があったが、その後は16900円台半ばでのもみ合いが続いた。日本銀行による上場投資信託(ETF)買い入れへの思惑などから下値の堅さが意識され、引けにかけて下げ幅を縮め、終値では17000円台を維持した。

大引けの日経平均は前日比69.54円安の17012.44円となった。東証1部の売買高は19億1584万株、売買代金は2兆1267億円だった。業種別では、保険業、銀行業、パルプ・紙が下落率上位だった。一方、電気・ガス業、その他製品、サービス業が上昇率上位だった。

個別では、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>といったメガバンク株が売られたほか、トヨタ自<7203>、ソフトバンクグ<9984>、ファーストリテ<9983>などがさえなかった。保険セクターの下げが目立ち、第一生命<8750>は4%近い下落。カカクコム<2371>はインターネット上の投稿を巡り後場急落した。また、日経平均構成銘柄から除外される日曹達<4041>、前日に決算発表したくら<2695>、その他浜松ホトニク<6965>などが東証1部下落率上位に並んだ。一方、売買代金トップの任天堂<7974>が5%近い上昇となった。9月に発売予定の「Pokemon GO Plus」を巡る思惑などがあったようだ。その他売買代金上位では、東京電力HD<9501>、KDDI<9433>、アステラス薬<4503>などがしっかり、ソニー<6758>は小高い。リクルートHD<6098>が3%超上昇したほか、日経平均構成銘柄に新規採用される楽天<4755>は7%高と急伸した。また、ノバレーゼ<2128>、イマジカロボッ<6879>、WSCOPE<6619>などが東証1部上昇率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均