市場ニュース

戻る
2016年09月07日11時38分

【特集】<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」5位に関西スーパー

関西スーパ <日足> 「株探」多機能チャートより
 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の7日午前10時現在で、関西スーパーマーケット<9919>が「売り予想数上昇」で5位となっている。

 7日の東京株式市場で、関西スーパーの株価は大幅続落。東証が6日、関西スーパー株を7日から信用取引の日々公表銘柄に指定すると発表した。信用取引の規制強化に伴って、売買の自由度が制限されるとの見方から売りが優勢となっている。

 同社株は前週末2日に、食品スーパーのオーケー(東京都大田区)による大量保有を材料にストップ高まで買われたが、2日の取引後に提出された大量保有報告書(変更報告書)でオーケーの保有割合が5.60%から8.04%に上昇したことで、週明け5日も大幅続伸となった。その後は、短期急騰の反動もあり6日、7日と続落となっている。

 なお、保有目的は「政策投資、営業関係強化、重要提案行為などを行うこと」となっていることから、引き続き提携やM&Aなどへの発展や、さらなる追加取得の思惑も働いているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均