市場ニュース

戻る
2016年09月06日10時02分

【市況】10時時点の日経平均は前日比43.70円高、三井住友などメガバンクが強い

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

10時時点の日経平均は前日比43.70円高の17081.33円で推移している。米国市場休場で売買フローが少なく、東京市場は静かな立ち上がりに。日経平均は前日終値水準でのもみ合いとなっている。為替市場では、ドル・円が103円60銭台、ユーロ・円が115円40銭台と朝方比では20銭ほど円安に推移しているが、目立った物色は観測されず。一方、マザーズ指数は7日続伸と戻り基調が強まっている。

全市場の売買代金上位銘柄では、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、小野薬<4528>、日水<1332>、みずほ<8411>が買われているほか、モブキャスト<3664>、そーせい<4565>とマザーズ銘柄も多数ランクインしている。一方、トヨタ自<7203>、ユニー・ファミマ<8028>がさえない。

(先物OPアナリスト 田代昌之)

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均