市場ニュース

戻る
2016年09月06日09時04分

【市況】東京株式(寄り付き)=小幅反落、1万7000円台攻防意識

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより
 6日の東京株式市場は売り買い交錯のなかわずかに売り優勢、寄り付きの日経平均株価は前日比2円安の1万7035円と小幅反落。

 前日の米国株市場は休場だったこともあり手掛かり材料にかけるなか、前日に3カ月ぶりに回復した1万7000円台を維持できるかが注目ポイント。欧州株市場は総じて軟調気味に推移したものの下げ幅は極めて小幅にとどまった。足もと外国為替市場では1ドル=103円台半ばで推移していることもあって、主力株中心に風向きは悪くない。市場エネルギーが盛り上がりを欠くなかで上値も重そうだ。

 寄り付き時点で業種別では値上がり上位に石油、銀行、水産、情報通信など。値下がりでは電力ガス、鉄鋼、非鉄、倉庫など。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均