市場ニュース

戻る
2016年09月05日13時16分

【材料】JINが3日続落、欧州大手証券では株価は高成長を織り込んでいるとして投資判断を引き下げ

JIN <日足> 「株探」多機能チャートより
 ジェイアイエヌ<3046>が3日続落。ドイツ証券が3日付で投資判断を「バイ」から「ホールド」としたことが弱材料視されている。

 価格と品質の優位性を受けた国内事業の市場シェアの拡大に加えて、円高メリットの顕在化による収益性の改善、店舗網拡大と販売好調を受けた中国事業の拡大が続くと予想。同証券による営業利益予想では、17年8月期に41%増益、18年8月期45%増益、19年8月期24%増益と高成長を見込んでいるが、株価は来期以降の高成長への期待を織り込んでいると判断した。なお、目標株価は4700円を継続している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均