市場ニュース

戻る
2016年09月05日08時43分

【市況】日経平均は節目をクリア、5月末の戻り高値を意識/オープニングコメント

NTTデータ <日足> 「株探」多機能チャートより

 5日の日本株市場は堅調な展開が見込まれる。注目された8月の非農業部門雇用者数(季節調整済み)は15.1万人増。コンセンサスは18万人増だった。発表直後には為替市場では一時102円台後半、大阪225先物は16900円を割り込む局面もみられた。しかし、その後は米国市場の強い反応を受けて、為替は一時104円台に乗せ、225先物は17170円までの上昇をみせている。週明けの反応としては、ギャップアップで5月末の戻り高値(17251.36円)を窺う展開になりそうだ。

 ただ、利上げ時期については9月、12月といった見方が分かれているようであり、判断に迷いがある。雇用統計の結果からは9月利上げが後退した感はあるが、FRBの利上げに向けた積極姿勢を踏まえ、9月利上げの可能性を意識しつつも、結果的には9月20日・21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)までは強弱感が対立しやすい局面がありそうだ。

 とはいえ、足元のドル高・円安基調や原油相場の調整基調を見る限り、利上げを織り込んだ流れに向かっているとみられる。年内利上げ観測を背景としたドル高・円安基調が景気敏感セクターを見直す流れを継続させることになりそうだ。ただ、週明けの米国市場はレイバーデーの祝日となるため、海外勢の本格的な資金流入は祝日明け後になろう。

 物色材料としては7日に米アップルがイベント開催し、新型iPhoneなどを発表する可能性がある。電子マネー等の関連銘柄への関心が高まりそうである。その他、NTTデータ<9613>は楽天野球団と共同で、仮想現実(VR)を使う打撃練習システムを開発したと報じられており、VR関連が注目されやすい。また、IoT、AI、フィンテック等の材料もあり、個人主体のテーマ株物色は活発だろう。
《AK》

 提供:フィスコ

日経平均