市場ニュース

戻る
2016年09月05日05時00分

【注目】前週末2日に「売られた株!」総ザライ ―本日への影響は?―

村田製 <日足> 「株探」多機能チャートより

■ショーワ <7274>  563円 (-51円、-8.3%)

 東証1部の下落率2位。ショーワ <7274> が急落。1日、マツダ <7261> がアクセラやデミオを含む6車種のリコールを国土交通省に届け出た。これを受けて、三菱UFJモルガン・スタンレー証券が同日付のリポートで、不具合を起こしたダンパーステー(ガススプリング)はショーワ製の可能性が高いと指摘。ガススプリングは上海で集中生産しているため、更なる他社への波及リスクには留意が必要であるとしている。

■村田製作所 <6981>  14,000円 (-300円、-2.1%)

 村田製作所 <6981> やアルプス電気 <6770> 、太陽誘電 <6976> など電子部品株の一角が安い。米ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)が1日、「米アップルがスマートフォン『iPhone(アイフォーン)』の販売不振を受け、納入業者(サプライヤー)に部品の値下げを要請している」と報じており、収益悪化への警戒感が働いたようだ。記事によると、アップルは新型iPhone向け部品の値下げを受け入れるよう求めているほか、発注数の見通しを下方修正したという。日本国内でのiPhone人気は根強いものの、スマートフォン市場全体は伸び悩んでいることから、費用低減を図っているとみられ、一部サプライヤーの業績に影響が及ぶのではないかと警戒した売りが出た。

■日信工業 <7230>  1,502円 (-22円、-1.4%)

 日信工業 <7230> が反落。1日付でみずほ証券が投資判断「中立」を継続、目標株価を1850円から1400円へ引き下げた。足もとでは主力のインドネシア市場が停滞しており、短期的には同証券がカバーする自動車部品企業の中では利益成長が低位にとどまると予想。17年3月期は通期連結営業利益で会社側計画の90億円(前期74億9000万円)に対して従来予想の189億円から104億円へ、18年3月期を201億円から108億円へ引き下げている。

■王将フードサービス <9936>  3,945円 (-45円、-1.1%)

 王将フードサービス <9936> が反落。同社は1日の取引終了後、8月の月次売上高速報を発表、直営全店売上高は前年同月比3.2%減、既存店は同3.3%減だった。前年に比べ土日が少なく、また台風上陸の影響で浸水し、営業を中止する店舗が出たことも圧迫要因となっている。

■ユーグレナ <2931>  1,459円 (-14円、-1.0%)

 ユーグレナ <2931> が反落。同社は1日、中部プラントサービス(名古屋市)と三重県、多気町の協力のもと「バイオ燃料用藻類生産実証プロジェクト」を実施し、国内最大級の燃料用微細藻類培養プールを建設することを発表した。今回の「実証プロジェクト」では、経済産業省資源エネルギー庁「平成28年度 微細藻類燃料生産実証事業費補助金」を活用し、燃料用微細藻類培養プールを多気クリスタルタウン(三重県多気町)に建設し、燃料用微細藻類の大規模、低コスト生産技術の確立を目指す。

※2日の下落率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。

株探ニュース

日経平均