市場ニュース

戻る
2016年09月03日06時57分

【市況】NY原油:反発で44.44ドル、増産凍結期待や米利上げ観測後退で買い


NY原油は反発(NYMEX原油10月限終値:44.44↑1.28)。43.74ドルから44.67ドルまで上昇した。ロシアのプーチン大統領が増産凍結協議の合意に期待を示したことが、引き続き材料視された。また、米国の8月非農業部門雇用者数が予想を下回ったことで、FRBの9月利上げの可能性後退の見方が強まり、原油の買いが加速するかたちになった。


終盤に米ベーカー・ヒューズ社が国内の石油掘削装置(リグ)稼働数を発表。稼動リグ数が前週比1基増の407基だったことで売りがみられたが、その後買いが再開され2日の高値をつけた。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均