市場ニュース

戻る
2016年09月02日16時50分

【特集】ジェイコムHD Research Memo(3):独自の高付加価値サービスが原動力となり業績好調

ジェイコム <日足> 「株探」多機能チャートより

■会社概要

(3)主要事業セグメントの動向:総合人材サービス事業

総合人材サービス事業は、人材不足の業界が多い環境下で追い風を受けて成長している。契約形態は、派遣契約、業務委託契約、紹介予定・職業紹介契約の3つがある。ジェイコムホールディングス<2462>では派遣契約(16/5期売上高103億16百万円)を主体として展開しているが、伸びが大きいのが業務委託契約(同売上高50億92百万円、前期から26億48百万円増)である。業務委託契約は、特にモバイル業界で販売ノウハウを持つ人材を抱え、経験の浅い求職者でも活躍できるよう育成できる同社ならではのサービスであり、高付加価値な事業モデルとなっている。

業種別には、従来から強みがあるモバイル業界(同売上高12,313百万円)が依然好調、アパレル業界(同売上高1,538百万円、前期から387百万円増)も伸ばした。保育業界(同売上高185百万円)・介護業界(同売上高53百万円)も前期比で成長、構成比は小さいが紹介契約が主体のために利益に貢献している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均