市場ニュース

戻る
2016年09月02日14時01分

【材料】チヨダが反落、8月既存店売上高が今期最大の減収率となる

チヨダ <日足> 「株探」多機能チャートより
 チヨダ<8185>が反落。1日の取引終了後に発表した8月度月次情報で、既存店売上高が前年同月比5.6%減と2カ月ぶりに前年実績を下回り、今期に入って減収率が最も大きかったことが嫌気されている。

 相次ぐ台風の上陸で、北日本・東日本のレイン関連商品の販売が増加したほか、秋の新商品ではPB「シュッテ」のカジュアルレディスシューズなど好調な滑り出しを見せた。ただ、全体として来店客数のマイナスの影響が大きく、サンダルをはじめとする夏物商品の販売が伸び悩んだほか、祝日が1日増えた一方、土・日曜日が1日ずつ少なった影響が約3ポイントほどあり、前年実績を下回った。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均