市場ニュース

戻る
2016年09月02日07時35分

【経済】NYの視点:カナダ政府はAIIB加盟を月内に申請へ


アジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群総裁は31日、カナダはAIIBへの加盟を9月中に申請する方針であるとの声明を発表した。G7でAIIBへの加盟を申請していないのは日本とアメリカだけとなる。日本の加盟については、アメリカの対応次第であることは変わらないようだ。ホワイトハウスのアーネスト報道官は31日、米国とカナダの当局者はAIIB加盟について連絡を取り合っていると記者団に説明したそうだが、アメリカの態度は未定。

日本側ではAIIBに対する評価はあまり良くないようだが、北米自由貿易協定(NAFTA)に加盟しているカナダでさえAIIBへの加盟を申請する。識者の間では、カナダ政府の行動が意味することを日本政府は理解する必要があるとの意見が出ている。アメリカの加盟については、米大統領選挙の行方が重要な鍵となるとの声が聞かれている。トランプ氏が米大統領に就任した場合、AIIB加盟に関する費用対効果を入念に検証し、加盟したほうが米国の利益になると判断すれば、加盟することを躊躇しないだろう。

日本も最終的にはAIIBに加盟すると予想されるが、中国を敵視するようなスタンスを根本的に変えない限り、国際金融の様々な状況で日本が不利益を被るケースが増える可能性がある。

《NO》

 提供:フィスコ

日経平均