市場ニュース

戻る
2016年09月01日18時30分

【テク】日経平均テクニカル:来週の週足雲下限突破を意識

日経平均 <日足> ボリンジャー 「株探」多機能チャートより

続伸。小幅なレンジでの推移となったは、連日で陽線形成と底堅さが意識されている。直近戻り高値水準に到達しており、ややダブルトップが警戒されやすい面はある。ただし、ボリンジャーバンドでは上昇する+1σと+2σとのレンジ内での推移をみせている。新値足は薄いながらも陽線を積み上げている。価格帯別出来高では商いの積み上がっている16600-16800円のレンジは突破してきているほか、16800-17000円辺りも若干多いものの、16600-16800円レベルの半分程度である。さらに17000円から上の出来高は薄く、突破となればトレンドが強まる可能性はある。ただ、週足の一目均衡表では雲下限が16945円辺りに位置しており、これが上値抵抗として意識される。16945円から17910円辺りまでの厚い雲であり、これを捉えるには材料不足であろう。まずは雲下限レベルでの攻防をみせつつ、雇用統計明けでの突破を意識したスタンスになりそうだ。

《WA》

 提供:フィスコ

日経平均