市場ニュース

戻る
2016年09月01日18時14分

【為替】欧州為替:ブラジルレアルは底堅い、大統領弾劾は織り込み済み

ドル円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ブラジルのルセフ大統領が国家会計の不正操作に関与したとする弾劾裁判で、8月31日に行われた上院の罷免投票では3分の2が有罪を支持。同大統領の罷免が決まり、大統領代行のテメル氏が大統領に就任した。ブラジル市場ではルセフ氏罷免はすでに織り込み済みで、5月ごろから株高・レアル高の基調が続いており、罷免決定の市場への影響は限定的。ただ、テメル政権はすでに汚職疑惑が取りざたされ今後も低支持率が続く見通しで、ブラジルは政局リスクには引き続き警戒が必要だろう。

ここまでのドル・円は103円48銭から103円65銭、ユーロ・円は115円26銭から115円46銭、ユーロ・ドルは1.1128ドルから1.1154ドルで推移している。

《MT》

 提供:フィスコ

日経平均