市場ニュース

戻る
2016年09月01日16時57分

【市況】松屋の8月売上高速報、インバウンド反動続き前年を大幅に下回る

松屋 <日足> 「株探」多機能チャートより
 松屋<8237>は1日取引終了後、8月の売上高速報を発表した。銀座店と浅草店を合計した銀座本店は前年同月比17.5%減と大幅減収、6カ月連続で前年実績を下回った。このうち銀座店が18.5%減、浅草店は4.4%減だった。

 銀座店は、前年同月に大きく売上高を伸ばしたラグジュアリーブランド、宝飾時計などの反動が大きく反映された。婦人衣料は、夏物最終消化と並行して秋物商材の販売をスタートさせているが、ジャケットなど重衣料の動きが鈍く、売り上げは低調だった。催事は限定商品などの展開も寄与して各催事とも賑わったが、全体では台風上陸などの悪天候が客足を鈍らせたほか、エスカレーター・壁面など館内設備の更新に伴い、一部の売場面積が縮小されたことなどが影響した。また、浅草店は、衣料品、婦人雑貨が好調に推移したものの、生鮮を中心とした食品部門が苦戦して全体の足を引っ張った。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均