市場ニュース

戻る
2016年09月01日09時31分

【市況】日経平均は2円安でスタート、DeNAが年初来高値更新、一方小野薬は年初来安値を更新/寄り付き概況

日経平均 <5分足> 「株探」多機能チャートより

日経平均 : 16885.16 (-2.24)
TOPIX  : 1330.77 (+1.23)

[寄り付き概況]

 日経平均は小幅に反落して始まった。31日の米国市場はADP雇用統計が予想を上振れたことで利上げ観測の拡大が意識され売りが先行。原油相場の下落も嫌気された。シカゴ日経225先物清算値は大阪比20円高の16910円だったが、前日の上昇に対する利益確定の流れが先行した格好に。一方で、東証2部、マザーズ指数は小幅に上昇して始まっている。

 個別ではDeNA<2432>、三菱ガス<4182>、シーズHD<4924>、KYB<7242>が高値を更新。一方で小野薬<4528>、TOKYOBASE<3415>が安値を更新している。
《WA》

 提供:フィスコ

日経平均