市場ニュース

戻る
2016年09月01日08時54分

【為替】今日の為替市場ポイント:◆ユーロ編◆リスク回避的なユーロ売り・円買いはやや抑制されるか

ユーロ円 <日足> Slowストキャス 「株探」多機能チャートより

ユーロ・ドルは、1.0458ドル(2015/3/16)まで下げた後、一時1.1714ドル(2015/8/24)まで反発したが、1.0524ドル(2015/12/03)まで反落。ただし、1.1616ドル(2016/05/03)まで戻している。ユーロ・円は、141円06銭(2015/6/04)から122円06銭(2016/3/1)まで下げた後、128円22銭(2016/3/31)まで買われたが、英国民投票でEUからの離脱が決定し、一時109円57銭(2016/06/24)まで下落している。

本日のユーロ・円は、主に115円台前半で推移か。米ドル高・円安が継続していることや欧州中銀銀行監督委員会は低金利環境が銀行の利益を圧迫しているとの見解を表明していることから、リスク回避的なユーロ売り・円買いはやや抑制される可能性がある。


【ユーロ売り要因】
・ユーロ圏のインフレ率は低水準の状態がしばらく続く見込み
・ドイツのインフレ率は伸び悩み
・米国の早期利上げ観測が再浮上


【ユーロ買い要因】
・ECB銀行監督委員会:低金利環境が銀行の利益を圧迫
・日銀による9月追加緩和の思惑
・ユーロ圏の失業率は低下傾向を維持との見方

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均